人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

美しい心・美しい日本語・ことばを心にのせて     スペースU

小川未明原作『野ばら』


12月に入って、いよいよヒートテック、
フリース、ダウンなどなど暖かな服装が
大活躍な今日この頃ですが、いかが
お過ごしですか?

『野ばら』稽古場にも熱気が。
上演時間こそ1時間を少し越えるかなという
短いお芝居ですが、若い兵士役の3人は、
唄に兵士の所作にと普段馴染みの無い事にも
数々挑戦しているので、稽古にも熱のこもる
日々。

今更ながら、改めて『野ばら』のご紹介を

原作は、
1882年(明治15年)に新潟県に生まれ、
大正にかけて活躍し、1961年(昭和36年)
に亡くなるまでに約1200編もの童話を残し、
「日本のアンデルセン」「日本児童文学の父」
とも呼ばれた【小川未明】
「赤い蝋燭と人魚」、「野ばら」などの題名を
聞いたことのある方も多いのでは。
特に「野ばら」は、ある年代以上の方は、実は
国語の教科書で読んだことがある!…のでは♪

この小川未明の「野ばら」文庫本でわずか、
5ページに満たない短いお話しです。
でも、短編を得意とした未明の素晴らしさが
ぎゅっと詰まっています
小川未明原作『野ばら』_f0138311_03530207.jpg
登場人物は、老兵士と若い兵士の二人だけ。
場面は、遠い遠い辺境の国境(くにざかい)
出逢いから、二人がともに過ごすいくつかの季節…

当たり前に過ぎていく二人の兵士たちの時間が
季節の移り変わりとともに描かれて
あっと言う間に読めてしまうこの物語

この短い物語が、ミュージカル界などでも活躍中
の佐藤万里さんの手によって脚色され
SPACE Uの元へ。そして、
大島、そして今回音楽監修を務めて
くださっている村上勧二朗さんが選びに選んだ
唄や曲の数々が物語を更に更に豊かなものにし、
2003年SPACE Uオリジナル作品『野ばら』
が誕生したのです


原作を読んでからお芝居を観るか
お芝居を観てから原作を読むか

結末を知らないで観ていただきたくもあり…
この物語が、こんな風に豊かに膨らむのかと
知っていただきたくもあり…

どちらを先に選ぶにしても、
お芝居も
原作も
是非どちらも体験してみてくださいね!!

あつ実

チケット絶賛発売中です
公演お申込みはこちらへ!














by spaceu | 2022-12-10 04:50 | 公演・野ばら

スペースUの最新情報、公演、ワークショップのお知らせ

by SPACE U
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30