<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

4月ワークショップ

桜も見頃。
あと…もう少し暖かいと嬉しいですね!

4月のワークショップのお知らせです。

【日時・稽古場】
4月
4(日)  7(水)
11(日) 14(水)
18(日) 21(水)
25(日) 28(水)
《全8回》
18:15~21:45

【稽古場】
烏森住区センター(中目黒駅より徒歩13分)
上記の通り開講致します。

SPACEU  大島宇三郎
[PR]
by spaceu | 2010-03-31 11:48 | ワークショップ

またまたお祝い(^-^)

f0138311_11572038.jpg

いつも皆の誕生日には大島さんがケーキを準備してくれています。
でも今日は!!
そのウササンのお誕生日祝いのケーキを中田さんが、準備してくれたり、
各々プレゼントを用意したりして…、
ウササンは大喜びでした〜!!

思わず“レナウンむすめ”なんか歌っちゃって…
お尻フリフリしながら満面の笑みでした♪

オ〜ッ!!
( ̄□ ̄;)!!

稽古終了後は久しぶりに…道路拡張工事で三ヶ月間、店を閉めていた“天竺屋台”へ!

店は少々小さくなりましたが、内装もよく、味は健在でした!!

ウササン、お誕生日おめでとうございました〜〜〜!!
[PR]
by spaceu | 2010-03-30 11:57

熱海へ一泊二日!

f0138311_13571876.jpg

f0138311_13571833.jpg

f0138311_13571824.jpg

f0138311_13571818.jpg

f0138311_13571874.jpg

昔、新婚旅行のカップルで溢れていたといわれる、熱海!!

海に向かい、山にひしめきあって建つ物凄い〜〜〜〜〜数のホテルと旅館に‥本当に驚かされたι(◎д◎)ノヾ

今回は巨大ホテルに三人で一泊!
少々、ホテルマンの気遣いが足りなすぎる気もしないではなかったが‥ま、気楽ではあった。

なんといっても‥今回は温泉につかり、“の〜んびり”が目的だったので、露天風呂が沢山あり、12時チェックアウトなのは最高だった!!

そして一日目は来宮神宮、
二日目は伊豆山神宮をお参りし‥どちらも素敵な神宮で、英気を養った!

また、連れのお二方が眠そうだったので、

一人で日の出を見に“熱海サンビーチ”まで歩き、うちあげられた沢山の小さなフグをつっつきながら、綺麗な砂浜に嬉しくなった!
そして朝食後にも一人で、つい十年位前までは旅館として使われていた“起雲閣”を見学してきた。[せっかく来たのだからと‥貧乏根性丸出しである。]

ボランティアのガイドさんも親切で、沢山の文豪に愛された場所だと教えていただき‥ここで作品はうまれたのか!?
ここが新婚旅行の宿か〜!! とワクワクした。

熱海は東京からも大変近く、安いホテルも沢山あり
今度は両親を連れてくる位してもバチはあたらないなあ‥と大満足な心もちで帰路に着いたのでした。

田村まどか
[PR]
by spaceu | 2010-03-27 13:57

本日のSPACEU(^-^)

f0138311_14193222.jpg

f0138311_14193294.jpg

f0138311_14193271.jpg

f0138311_14193240.jpg

お誕生日、おめでとうございます!!
[PR]
by spaceu | 2010-03-15 14:19

電気ブラン

先日、とある小説を読んでおりました。

その中に「電気ブラン」なる、不思議なお酒が出てきたのです。

飲めば飲むほど、ほっこりと幸せになるお酒「電気ブラン」♪

と言うような内容が小説には書かれておりました。


へ~。おいしそうなお酒だな。

でも、小説の中のお話だし、創作かな?などと思っておりました。



しかし、後日友人と話しているときに


「電気ブラン」って本当にあるよ。

という事実を知ったのです。



小説の中の物が本当に実在する。


私は、その事実に血わき、肉踊りました!!


本の中の物事に近づく感覚。

実感し表現する感覚。

楽しいです。


こういった発見、驚き、喜び、悲しみ、苦しみ、色々味わって

少しでも、前へ前へ。


たまに、「あの時言われていた事は、こういうことだったのか!!」と振り返り

無知の知をしり、コツコツと。

進んで生きたい。

そう思う日々であります。


渡辺
[PR]
by spaceu | 2010-03-05 20:19

4年後の自分

バンクーバーオリンピック閉会式、開会式での失敗を逆手に取った、見事なエンターテイメント、粋で温かで素敵でしたね。
聖火を消すことが(一つの)目的の閉会式を、火が消えた状態から始める、常識では考えられない演出を認めた関係者、ちゃんとshowとして成立させた演出家に大拍手です。

オリンピック終わりましたね。
芝居と同じ、生身の人間の生み出すドラマながら、スポーツに疎い私、正直ちゃんと見た競技は数えるほどですが、それでもニュースなどで目にする、当日のドラマと参加選手のそのものの人生のドラマ、てんこ盛りでしたね。

心に残ったことは沢山ありましたが、肌で感じたことが一つ。
今回の女子フィギアの試合、日本選手の活躍をSP、フリーとも、たまたまバイト先の昼休みにオンタイムでテレビで見ることができたのですが、テレビを囲む大勢のあの一体感
固唾を飲んで見つめてて、もう、呼吸が一つになるよね。
あれ、あの引き込む感じを、お芝居でも作り出すことができたら、どんなに素敵か。
大昔、未だ自分が芝居を始める前、いまだに、自分の中で(観る側で)ナンバーワンの芝居がそんなことを感じさせた芝居でした。観客が一体となって足踏み鳴らしてどっかんどっかん笑って(ギャグとかにじゃなく、ちゃんとお芝居の内容にね)、ふっと息のんで、すっと心があったかくなって…

オリンピックは4年に一度。4年後の自分の姿を明確に描いて、一心に一身に登り詰めていく。
4年後の自分の姿…

限界に挑戦するすべての選手に心からのエールを!!

☆あつ実☆
[PR]
by spaceu | 2010-03-03 02:53

スペースUの最新情報、アトリエ公演のお知らせ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31